So-net無料ブログ作成

【第29回】 プラレールアドバンス。 [電車道]

さて、観葉植物にうつつを抜かしてばかりはいられません(笑)
もちろんせがれとの電車道はどこまでもガタンゴトン。

DSC01126.JPG

今回は、さる10月14日に新発売となった、あのプラレールの新作、
プラレールアドバンスです。

http://www.takaratomy.co.jp/products/plarail/plarail_advance/

DSC01140.JPG

このプラレールアドバンスですが、御覧の通り、昔ながらのプラレールに比べ、
非常に小さいサイズで出来ています。
そうです、もともとのあの青いレールそのままに、
2編成の車両を走らせることができるという、なかなか画期的なアイデアのもとに
作成されております。

さらに、第一弾で発売された山手線は現在大変人気なようで、
家電量販店のおもちゃ売り場やネット上の通販でも見つけられない状態でした。
が、おかあさんが偶然立ち寄ったイトーヨーカドーのおもちゃ売り場で、ついに発見!
併せておかあさんお気に入りの懐かしのL特急、485系とともに購入。
早速走らせてみました(笑)



どうでしょう、アドバンスの売りであるすれ違いです(笑)
確かに良くできている。
うん、出来ている。
しかし・・・

ここからは苦言ばかりです。。。
まず、この車両は非常に繊細な走行性能で、ちょっとでもレールがデコボコしたりすると、
あっというまに脱輪→脱線。
きちんと線路をセッティングしても、常にガタガタした感じで走行しており、
ちょっとした外的要因で脱線する始末。

また、何といっても坂レールを上れない仕様が非常に痛いです。
ただでさえ、分岐するポイントレールなどが使えないため、坂レールも使えないとなると、
ほとんどレイアウトを工夫することができません。

こうなると、面白いレイアウトができるわけもなく、ただ平坦なところをグルグル走るだけ、
それも繊細なので、古いレールなどで接続が甘かったりすると、あっという間に脱線・・・

DSC01141.JPG

というわけで、対象年齢は3歳からとなっていますが、繊細過ぎて小さな子供では、
きちんとレール上に乗せるのも一苦労可と思いますし、はっきり言ってターゲットが不明です。
一緒に遊ぶ大人から見ても、上記の通り面白いレイアウトはできません。

今後どのような展開になるかわかりませんが、はっきり言ってこの内容で、
1編成が2,625円というのは高過ぎです。
是非とも、タカラトミーさんには奮起頂きたいと思います。

何度も書きますが、コンセプトはとても良いと思うので。。。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。